忌まわしい眉間のシワ

私には眉間にシワがある。30代なのに…まぁまぁクッキリしたシワだ。
この眉間のシワは多分20代の頃からある。

おそらく相手の表情に合わせて『えー本当に!?』とか『そうなんだ…大変だね…』みたいに、目を細めた表情を大袈裟に作っているうちに、自然と眉間にシワが刻まれていってしまったんだと思う。

評判以上!ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使用した効果と私の口コミ体験談!

いつ教わったのかも覚えていないが、“表情を豊かに”や“相手の気持ちに寄り添って”みたいな教えを真面目に忠実に守ってきた結果が、このシワなのである。
今思えば『余計なことを教えてくれたものだ…』という感じである。自然に身についた、相手に合わせた感情表現は、きっと“楽しい”表情を作るより、“つらい”表情を作るとの方が多かったんだと思う。

その証拠と言ってはなんだが、私の目の脇には笑い皺なんてものは1つもないのだ。
皮肉なものだ。自分の感情を優先するより、他人の感情に寄り添ったりしているうちに、笑う事より眉間にシワを寄せる事が多くなってしまったとは…。
と、嘆いても始まらないが、長年の習慣は気付きがあったからと言ってすぐに変わるものでもない。

今日も私は、自然と眉間にシワを寄せながら、相手の感情に表情を合わせている。それに気付き、これから先もどんどん深くなっていくんだろうなぁ…とぼんやり考えたりして、少し悲しい気持ちになった。