40代になり、ヘアスタイルが決まらない!とお悩みのあなたへ

40代になって、どうもヘアスタイルが決まらない、という問題に悩まされていませんか?私の場合もそうでした。40才で第一子の息子を産んでからというもの、産前のようなつやつやロングヘアを保つことができなくなりました。髪の毛のコシはなくなり、頭頂部やサイドの髪が薄くなり、ボリュームが出ない、おでこが広くなった気はするし、産前はまったくなかった白髪がかなり目立つようになってきました。

そんな髪のお悩みをお持ちの方には、ぜひ、ショートヘアにすることをお勧めします!

フッサ

私は、髪の毛ははねないようにと常に鎖骨より下の長さにしていたのですが、結局おろしているとボサボサに見えるし、育児するには邪魔だしで後ろで一つに縛っていました。ありえないことに、夜、寝る時も。。。今思えば、ほぼ24時間髪の毛を結んでいる状態でした。

ある時、新しく通い出した美容師さんに、なんと、ショートボブを薦められたのです。「いつも縛っているなら、ショートにしても見かけはそんなに変わらないよ。切るなら、なるべく早く切った方がいいよ。」どうやら、ずーっと髪の毛を後ろで縛っていたから、縛り癖がついているし、引っ張られて地肌にも髪の毛にもよくないらしいのです。

最近、シャンプー後に髪の毛がよく抜けるなーと思っていたのは、それが原因だったのか。ポニーテール脱毛症というのがあるらしく、ずっと同じところで髪の毛をきつく結んでいると、はげてくるらしいのです。その話を聞いた私は、急に恐ろしくなり、「わかりました。切ってください!」と即答。ショートボブにすると、面長でストレートヘアだと貧相に見えた私の顔に、ひし形のフォルムができ、自然にボリュームが出るようになりました。ショートにするとおばちゃんぽくならないかという心配がありますが、全く逆で、快活でモダンな印象になり、気持ちも明るく10才くらい若返った気がしました。

なにより、髪を引っ張ることがなくなったため、抜け毛がおさまったこと、そして、シャンプー時もドライヤーで乾かす時も素早く終わるので、とっても楽。ささっと乾かすだけで、髪形が決まるようになり、ゴムやバレッタで留めなくてもサイドの髪も邪魔にならないので、本当に楽になりました。それでいて、洋服もショートボブだとおしゃれに決まるので、なんで、もっと早く切らなかったんだろう?と思うほどです。