近年急増しているコロナ太りとは

昨年からことしにかけて、日本全国で新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中で、去年4月と今年1月の2回にわたり緊急事態宣言が発令され、外出自粛が強く呼び掛けられています。

【評判以上!】スララインを購入して使用した口コミ&効果!

そのため、これ会社に通勤して仕事をしていたサラリーマンは、在宅勤務いわゆるテレワークの勤務体制になり、これまで電車通勤が運動と言うサラリーマンが自宅にいる機会が増え、さらにはスポーツジムなどで体を鍛えていた人が、以前ジム内でクラスターが発生しさらには密集しやすい環境であることから、最初の緊急事態宣言の際には休業要請が出され、解禁されても感染リスクを恐れて通うには勇気がいるということもあり、運動不足となった人は多いはずです。

運動量が減り、ご飯やお菓子を食べているということから「コロナ太り」と呼ばれるようになりました。感染リスクを少しでも減らすために外出を極力控える、しかし食べる量は以前と同じといった生活を繰り返していると将来的には生活習慣病などのリスクを引き起こす可能性も否定できません。コロナ禍でダイエットを成功させるためにはどういった対策が必要になるのかなどはまだ手探りの状態です。

運動する機会が減ったと言う中でも適切な運動と食事は健康管理の上でも大切です。