産後の肌のくすみについて

出産後顔色がくすんでしまったことが悩みです。私はもともと色白な方で、小学生の頃から日焼けに気を使っていたこともあり、複数の人から「色白だね」と言ってもらえる肌を保ってきました。

しかし、妊娠、出産をきっかけに肌の色が黄色くくすんでしまいました。ビハキュアの効果

妊娠初期の頃はホルモンの影響かむしろ肌がより白く、透明度を増したように思われましたが、妊娠7か月頃になり、徐々にお腹も重くなって体への負担が増したころから目に見えて顔の色が黄色くなっていきました。

妊娠期間中を通してつわりが重く、栄養失調や体力の低下も関係しているのかもしれません。夫や両親からも顔色を心配されるほどになり、出産直前は土気色になるほど顔色が悪くなってしまいました。

産後も顔色が悪い状態が続き、さすがに心配になって病院で検査したのですが、黄疸をもたらすような疾患は見つからず、原因ははっきりしませんでした。ただ体内の鉄のストックが不足するかくれ貧血を指摘されました。

自分でもかくれ貧血について調べたところ、症状の一つとして顔色の悪さもあったため、まずは貧血を改善させるために食事に気を使ったり、貧血薬を飲んでみたりしました。その結果、貧血が少し改善し、肌の黄色味も取れてきたように思います。ただ、毎日の育児疲れもあるのか、肌のくすみは治らず、まだ元の肌色には戻っていません。今後も体調管理に注意し、元の色白な肌に戻せるよう努力していきたいです。