総量規制の適用は貸金業者だけになるので銀行はその適用を受けない

消費者金融でカードローンの融資を受ける場合には、総量規制の適用を受けることになります。この総量規制というのは、簡単に言えば年収の3分の1までしか融資を受けることができないという規制になります。年収の3分の1以上借り入れを受けたくても消費者金融では総量規制のために、それができません。

プロミスなら無人機で土日でも借りれる!

またこの総量規制というのは他社からの借り入れのトータルになります。複数の消費者金融からの借り入れがある場合には、全て合わせて年収の3分の1までしか借り入れることができません。総量規制は、借りる側が返済不能に陥ることを防ぐために設けられました。

ですが、どうしてももっと資金を借り入れた場合には、総量規制の適用外の銀行のカードローンを利用するという手があります。総量規制は貸金業者に適用されるものであって、銀行は貸金業には該当しないため総量規制の適用を受けません。つまり、年収の3分の1以上の借り入れも可能だということです。