食生活の改善に頑張ろう

皮膚の荒れはひどかった私。FACEEリキッドセラムプラスを使用した私

特に、チョコやポテトチップスを食べた次の日は、顔が赤くなり、恥ずかしい思いを幼いころからしていました。

辛かったのは、クリスマスや誕生日にケーキを食べるのですが、やはり、次の日、顔が赤くなってしまう。嬉しかったはずなのに、ちょっとテンション下がりますよね。

このような幼少期を過ごしていましたが、高校生になり、特に肌を気にするように。どうにか治したいと思い、運動、食事、睡眠さまざまなことに気をつけていました。その中で私が最も効果的だったことは、食事を気をつけることでした。パンをごはんに、ジュースをお茶やアクエリアスに、チョコやポテトチップスなどのお菓子は避け、干し梅や茎わかめ、グミに変えました。

逆にあまりよくなかったのは、運動でした。なぜなら、汗をかくことであせもができてしまうこともあり、汗をかくと痒くなり、赤くなってしまうのです。

私の経験から言うと、特に生理の前から生理中はお菓子などをグミなどに代用すべきです。生理前はイライラし、敏感になってしまいますが、肌トラブルを抱えている人はチョコは特に控えるべきだと思います。

肌トラブルを抱えている女性同士、自分を大切に生活していけたらなと思っています!