マスクとシミ予防対策

マスクをしていてもUVケアは必要です!すっかり定着したマスク生活。顔の下半分が隠れてしまうからといって油断をしていると、いつの間にかシミができてしまっていた、ということも少なくありません。実際に私もそのひとりです。気が付くとシミが去年より目立つようになっていました。紫外線はマスクをつけていても、浴びる量や時間が多ければ肌に影響を及ぼします。シミができる前に、しっかり予防をしておけばよかった、とシミを見るたびに気分がどんよりしてしまいます。

モイスポイントを続ける効果!

しかし、これ以上濃くしないよう、これ以上シミを増やさないよう対策をしなければいけません。まずは、肌の細胞が新しく生まれ変わる(ターンオーバー)サイクルを乱さないようにすることです。私たちの肌は約6週間のサイクルで生まれ変わっています。睡眠不足や疲れ、運動不足、食生活の乱れやストレスでこのサイクルが乱れると、メラニンが排出されなかったり、バリア機能が低下してシミや肌荒れの原因になります。まずは生活を見直して規則正しく過ごすように心がけたいです。

また外出時にはマスクをしていても、日焼け止めクリームは年中塗るようにしたいです。マスクで顔を覆う分、SPFの高いものではなく、散歩や通勤時であれば20程度のものを使用すれば十分紫外線から肌を守ることができます。年齢とともに如実に現れるシミ。自分の努力で少しでも防げるものなら防ぎたいものです。